入力しなくていいです

category_archive

急性胃炎の症状

急性胃炎とは、いろんな原因により引き起こされる、急激な胃の粘膜の炎症のことを言います。
主な症状は、胸焼け、食欲不振、上腹部の痛みや重苦しさなどがあります。
原因としては、細菌感染、風邪薬 鎮痛剤などの影響、暴飲暴食、ストレス、アレルギーなどがあります。
1日で治るものあれば、数日かかる場合もあります。


胃・十二指腸潰瘍の症状

潰瘍は、胃酸によって胃や十二指腸の壁が傷つけられ、出血や痛みを伴う病気です。
症状としては空腹時のみぞおち(または背中)の痛み、胸焼け、血便、吐血などがあります。
原因としては 、ピロリ菌 感染、痛み止めや風邪薬の服用、ストレスなどがあります。
ピロリ菌がいる場合は除菌することによって再発することを大幅に抑えることができます。
健康な胃の場合は血流や粘液によって胃酸から胃粘膜が保護されていますが、薬の使用やピロリ菌の存在によって 防御機能が低下すると、胃酸の影響を強く受けるため、潰瘍になりやすくなります。


ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)とは?

ピロリ菌という言葉を最近よく聞きます。
なんとなくかわいい名前ですが、人間にとっては実際よくない菌なんです。
1983年、オーストラリアの医師が発見しました。
2.5~5マイクロメートル程度の大きさで、人間の胃壁内部に寄生する細菌です。
らせん状の細長い形をしていて、片側の端に数本の微小な糸状の細胞小器官をもっています。



胃の中に細菌はいない

人の胃の中に細菌はいないと言われていた常識がくつがえされた。
発見される前は胃の中に細菌は存在しない、と考えられていました。
胃の中は、食べ物を消化する為に粘膜から塩酸を主成分とする強い酸性の胃液が分泌されているからです。
このため、「胃の中で菌は死滅する」という考えが研究者の間では定説となっていました。
ピロリ菌が胃の中で生きていられるのは、この菌がウレアーゼという酵素を産生し、胃の中の尿素を二酸化炭素とアルカリ性のアンモニアに分解し、このアンモニアが自分の周りだけ胃酸を中和して生息するのです。


ピロリ菌の感染経路

必ずしも明確ではありませんが、感染経路は外部から経口で侵入し、感染する、という見方が一般的です。
日本ではあまり衛生状態がよくなかったころ子どもだった世代の感染率が高く、最近の若い世代では少なくなっています。
40才以上の70%以上が感染している、などといわれていますが、明確ではありません。
ピロリ菌に感染するのは幼少期で、この時期に感染しなかった人は通常、一生感染しない、といわれています。


ピロリ菌の影響

よくいわれているのは十二指腸潰瘍と胃潰瘍の原因となるというものですが、そもそも慢性胃炎はその原因のほとんどがピロリ菌と言われています。
それから、ピロリ菌の保菌者は、ほぼ100%慢性胃炎だそうです。
ただ多くの場合その程度が軽く、普通に生活できてしまうので自覚症状があまりないそうです。
一度感染すると持続的に感染し、自然消失例はほとんどなく、胃粘膜を傷つけて胃に炎症を起こします。
この影響で、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、胃がんの原因になることが分かっています。
ピロリ菌に感染していても、全員がかならずこれらの病気になるわけではありません。
でも胃潰瘍の7割、十二指腸潰瘍の9割がピロリ菌感染によって起こります。
また、潰瘍は再発する率が高いですが、除菌によって、再発が抑制されます。


ピロリ菌に感染すると

胃に長くピロリ菌が住み着くと、毒素やアンモニアによって胃の粘膜の表面の細胞が破壊されていきます。
そして萎縮(いしゅく)性胃炎が起こり、粘膜の修復力が弱まると、胃の粘膜の破壊が進み、やがて粘膜に穴があいてしまいます。
これが胃潰瘍です。
また、萎縮性胃炎が原因で粘膜が発がん物質の影響を受けやすくなってしまいます。
空腹時にみぞおちの痛みがあり、貧血症状を伴ったり、吐血や黒い便が出た場合は、胃潰瘍や胃がんなどの可能性があるのでピロリ菌の検査を受けたほうがいいでしょう。
検査には、「内視鏡検査」もしくは一般的な検査として「尿素呼気試験」「便中抗原検査」「抗体検査」の3種類があります。


胃・十二指腸潰瘍とストレス

消化性潰瘍は、ピロリ菌が発見されるまでストレスが原因と考えられてきました。
しかしピロリ菌が原因であるということが明らかになって以来、胃・十二指腸潰瘍の二大原因はストレスとピロリ菌とされるようになりました。
しかし、ピロリ菌保菌者でない潰瘍症例も見られたり、除菌しても潰瘍が再発したりすることから胃・十二指腸潰瘍とストレスの関与について医師らにより検討されました。
その結果、ストレス下でもそうでなくても胃潰瘍発症者にはピロリ菌感染が多いのですが、精神的ストレスによる潰瘍の発生にはピロリ菌の感染が重要な役割を果たしている可能性があることがわかったのです。


日本人とピロリ菌

先進国の中でも日本人は感染者が多い!
一般的にピロリ菌感染者は発展途上国に多く見られ、欧米先進国では少ないとされています。
でも日本は、先進国の中でも著しく感染者が多く40才以上の70%以上が感染しているという統計が出されています。
感染経路は、まだ確定はされてませんが、川や井戸水、池、ハエ、動物の糞便などを通して、ヒトに摂取されると考えられています。
日本での菌陽性者は、年齢が高くなるにつれて増加し、年齢が低くなるにつれて減少します。
今では20歳以下の菌陽性者はほとんど見られなくなりました。
これについては昭和30年頃から上下水道の整備が全国的に進んだ為だと考えられます。
最近では小児期のピロリ菌感染による疾患は、臨床現場でほとんど見られなくなりました。
東アジアの発展途上国では年齢が 低い層でも感染率が高いと報告されています。


ピロリ菌の除菌方法

最も代表的な治療法は2種類の抗生物質(アモキシシリン、クラリスロマイシン)と胃酸を抑えるランソプラゾールを1日2回、1週間内服するもので「3剤併用療法」といわれます。
これで約7~8割は除菌できます。



しかし、年々クラリスロマイシンの耐性菌が増加して除菌率が低下し、最近では約3割が除菌に失敗するそうです。
最初の除菌に失敗した場合、同じ3剤を使った除菌治療を再度行っても大きな効果は期待できません。
日本ヘリコバクター学会はクラリスロマイシンの代わりにメトロニダゾールを使う3剤併用療法を2次療法として推奨しています。
これにより除菌の成功率は約9割に達しています。