表層性胃炎の症状

胃酸の分泌量が多くなり、胃の内部で炎症を起こしやすくなり、炎症と再生を繰り返している状態をいいます。
急性胃炎と同じ症状で、胃が痛んだりします。
また、胃酸が多いので吐き気、胸焼けなどの症状もあります。
治療法としては胃酸の分泌を抑えるような食事を心がけ、アルコール、タバコ、刺激物は控えます。


20歳若返る!ダウンエイジング | うつ病を自宅で改善 | 視力回復トレーニング

萎縮性胃炎の症状

萎縮性胃炎は表層性胃炎を何度も繰り返し、粘膜分泌機能力が失われた状態を言います。
これは粘膜を分泌する胃腺が萎縮して起こります。
胃の中の酸度が低い為、内容物がなかなか消化されず、膨満感、胃もたれ、食欲不振などの症状が起こります。
治療の主眼は胃の働きを活発にすることと、粘膜萎縮を止めることにあります。
食事方法としてやわらかくて栄養価の高いものを摂り、一回の食事量を減らしましょう。
酸度が低下しているので生物などは控えましょう。


「痔」体質改善マニュアル | 離婚調停成功マニュアル | 緑内障改善プログラム

腸上皮化生性胃炎の症状

萎縮性胃炎がさらに進行すると、胃の粘膜が死滅して胃壁が固まってしまいます。
これが腸上皮化生性胃炎と言われています。
発ガンの恐れがある危険な状態だと言えるでしょう。
治療の主眼、症状、食事方法は萎縮性胃炎と同じです。


輪郭小顔矯正法 | 神経性胃炎改善 | 恐怖症改善プログラム

急性胃炎の症状

急性胃炎とは、いろんな原因により引き起こされる、急激な胃の粘膜の炎症のことを言います。
主な症状は、胸焼け、食欲不振、上腹部の痛みや重苦しさなどがあります。
原因としては、細菌感染、風邪薬 鎮痛剤などの影響、暴飲暴食、ストレス、アレルギーなどがあります。
1日で治るものあれば、数日かかる場合もあります。


あがり症改善 | 糖尿病改善 | 成人病,生活習慣病改善

胃・十二指腸潰瘍の症状

潰瘍は、胃酸によって胃や十二指腸の壁が傷つけられ、出血や痛みを伴う病気です。
症状としては空腹時のみぞおち(または背中)の痛み、胸焼け、血便、吐血などがあります。
原因としては 、ピロリ菌 感染、痛み止めや風邪薬の服用、ストレスなどがあります。
ピロリ菌がいる場合は除菌することによって再発することを大幅に抑えることができます。
健康な胃の場合は血流や粘液によって胃酸から胃粘膜が保護されていますが、薬の使用やピロリ菌の存在によって 防御機能が低下すると、胃酸の影響を強く受けるため、潰瘍になりやすくなります。


最新型筋トレマニュアル | 水虫アッサリ追放宣言 | ワキガ・体臭・加齢臭改善

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)とは?

ピロリ菌という言葉を最近よく聞きます。
なんとなくかわいい名前ですが、人間にとっては実際よくない菌なんです。
1983年、オーストラリアの医師が発見しました。
2.5~5マイクロメートル程度の大きさで、人間の胃壁内部に寄生する細菌です。
らせん状の細長い形をしていて、片側の端に数本の微小な糸状の細胞小器官をもっています。



便秘解消「福辻式」 | 喘息の改善法 | 自宅で出来るバストアップ法

胃の中に細菌はいない

人の胃の中に細菌はいないと言われていた常識がくつがえされた。
発見される前は胃の中に細菌は存在しない、と考えられていました。
胃の中は、食べ物を消化する為に粘膜から塩酸を主成分とする強い酸性の胃液が分泌されているからです。
このため、「胃の中で菌は死滅する」という考えが研究者の間では定説となっていました。
ピロリ菌が胃の中で生きていられるのは、この菌がウレアーゼという酵素を産生し、胃の中の尿素を二酸化炭素とアルカリ性のアンモニアに分解し、このアンモニアが自分の周りだけ胃酸を中和して生息するのです。


二重まぶたを自力で作れる方法 | 身長をアップさせる方法 | 乱視改善で視力回復

ピロリ菌の感染経路

必ずしも明確ではありませんが、感染経路は外部から経口で侵入し、感染する、という見方が一般的です。
日本ではあまり衛生状態がよくなかったころ子どもだった世代の感染率が高く、最近の若い世代では少なくなっています。
40才以上の70%以上が感染している、などといわれていますが、明確ではありません。
ピロリ菌に感染するのは幼少期で、この時期に感染しなかった人は通常、一生感染しない、といわれています。


多汗症・手汗・ワキガを改善 | 不感症 体質改善 | 足の臭い、足汗改善

ピロリ菌の影響

よくいわれているのは十二指腸潰瘍と胃潰瘍の原因となるというものですが、そもそも慢性胃炎はその原因のほとんどがピロリ菌と言われています。
それから、ピロリ菌の保菌者は、ほぼ100%慢性胃炎だそうです。
ただ多くの場合その程度が軽く、普通に生活できてしまうので自覚症状があまりないそうです。
一度感染すると持続的に感染し、自然消失例はほとんどなく、胃粘膜を傷つけて胃に炎症を起こします。
この影響で、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、胃がんの原因になることが分かっています。
ピロリ菌に感染していても、全員がかならずこれらの病気になるわけではありません。
でも胃潰瘍の7割、十二指腸潰瘍の9割がピロリ菌感染によって起こります。
また、潰瘍は再発する率が高いですが、除菌によって、再発が抑制されます。


ガンを克服した食事法 | 頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法 | 腰痛治療プログラム

ピロリ菌に感染すると

胃に長くピロリ菌が住み着くと、毒素やアンモニアによって胃の粘膜の表面の細胞が破壊されていきます。
そして萎縮(いしゅく)性胃炎が起こり、粘膜の修復力が弱まると、胃の粘膜の破壊が進み、やがて粘膜に穴があいてしまいます。
これが胃潰瘍です。
また、萎縮性胃炎が原因で粘膜が発がん物質の影響を受けやすくなってしまいます。
空腹時にみぞおちの痛みがあり、貧血症状を伴ったり、吐血や黒い便が出た場合は、胃潰瘍や胃がんなどの可能性があるのでピロリ菌の検査を受けたほうがいいでしょう。
検査には、「内視鏡検査」もしくは一般的な検査として「尿素呼気試験」「便中抗原検査」「抗体検査」の3種類があります。