ピロリ菌の感染経路

必ずしも明確ではありませんが、感染経路は外部から経口で侵入し、感染する、という見方が一般的です。
日本ではあまり衛生状態がよくなかったころ子どもだった世代の感染率が高く、最近の若い世代では少なくなっています。
40才以上の70%以上が感染している、などといわれていますが、明確ではありません。
ピロリ菌に感染するのは幼少期で、この時期に感染しなかった人は通常、一生感染しない、といわれています。


1cm以上身長が伸びる方法 | パニック障害改善 | 拒食症・過食症改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です