胃の中に細菌はいない

人の胃の中に細菌はいないと言われていた常識がくつがえされた。
発見される前は胃の中に細菌は存在しない、と考えられていました。
胃の中は、食べ物を消化する為に粘膜から塩酸を主成分とする強い酸性の胃液が分泌されているからです。
このため、「胃の中で菌は死滅する」という考えが研究者の間では定説となっていました。
ピロリ菌が胃の中で生きていられるのは、この菌がウレアーゼという酵素を産生し、胃の中の尿素を二酸化炭素とアルカリ性のアンモニアに分解し、このアンモニアが自分の周りだけ胃酸を中和して生息するのです。


吃音(どもり)・改善プログラム | 腰痛改善DVD | ED改善ハイパーumo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です