胃・十二指腸潰瘍の症状

潰瘍は、胃酸によって胃や十二指腸の壁が傷つけられ、出血や痛みを伴う病気です。
症状としては空腹時のみぞおち(または背中)の痛み、胸焼け、血便、吐血などがあります。
原因としては 、ピロリ菌 感染、痛み止めや風邪薬の服用、ストレスなどがあります。
ピロリ菌がいる場合は除菌することによって再発することを大幅に抑えることができます。
健康な胃の場合は血流や粘液によって胃酸から胃粘膜が保護されていますが、薬の使用やピロリ菌の存在によって 防御機能が低下すると、胃酸の影響を強く受けるため、潰瘍になりやすくなります。


多汗症・手汗・ワキガを改善 | 不感症 体質改善 | 足の臭い、足汗改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です