萎縮性胃炎の症状

萎縮性胃炎は表層性胃炎を何度も繰り返し、粘膜分泌機能力が失われた状態を言います。
これは粘膜を分泌する胃腺が萎縮して起こります。
胃の中の酸度が低い為、内容物がなかなか消化されず、膨満感、胃もたれ、食欲不振などの症状が起こります。
治療の主眼は胃の働きを活発にすることと、粘膜萎縮を止めることにあります。
食事方法としてやわらかくて栄養価の高いものを摂り、一回の食事量を減らしましょう。
酸度が低下しているので生物などは控えましょう。


最新型筋トレマニュアル | 水虫アッサリ追放宣言 | ワキガ・体臭・加齢臭改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です