慢性胃炎の症状

慢性胃炎は、胃線の萎縮と胃粘膜の慢性的な炎症が特徴です。
若年者では、胃体下部に限って萎縮が見られ、胃酸の分泌が亢進してしまいます。
高齢者では、胃体上部にまで萎縮が見られ、胃酸分泌低下を引き起こします。
これにより頻繁に胃もたれ症状が起きます。
自覚症状としては、食後胃痛、空腹時痛、胃のもたれ、食欲不振、不快感、胸焼け、吐き気、体重減少などが見られます。
原因は、はっきりしていませんが、
加齢現象による胃の萎縮(胃粘膜が薄くなる)が原因という要素もあります。
最近では ピロリ菌の感染が原因とも言われています。
ピロリ菌の長期感染により 慢性的な胃炎を引き起こし、潰瘍や癌を引起すことがわかっています。


輪郭小顔矯正法 | 神経性胃炎改善 | 恐怖症改善プログラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です