ピロリ菌と口臭

ピロリ菌は、口臭の原因にもなるといわれます。
ピロリ菌が胃や腸を悪くすることによって、口臭が発生するとされています。
菌が直接口臭を発生させるわけではありません。
ピロリ菌による口臭は、胃がんや胃潰瘍、十二指腸潰瘍にかかると生じると言われています。
口臭の原因は口腔内衛生環境によるものが大きく、直接の原因は胃ではないそうです。
除菌を行ったら口臭が消えた、という場合もありますが、これは、除菌に使う抗生物質で、口腔内の雑菌が減ったから、という説もあります。
この場合、抗生物質を中止したら、再び細菌が増えてきて、また口臭がひどくなることもあります。


「痔」体質改善マニュアル | 離婚調停成功マニュアル | 緑内障改善プログラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です