胃痛の原因

胃の痛みは、身近な症状で、薬などで対処してしまう場合も多いのではないでしょうか。
痛みが強い場合や急激に痛んだ場合は医師の診察を受けたほうが安心です。
胃の痛みが肝臓や胆嚢、脾臓、の病気の場合もあります。
一般的にみぞおちの食後の痛みや不快感は胃炎、食後2~3時間たって痛むのは胃潰瘍、空腹時の痛みは胃・十二指腸潰瘍の可能性があります。
胃は強い酸性の胃液を出していますが、胃の内側は保護粘膜があり粘液を出して自らを守っています。
このバランスがくずれると、粘膜が炎症を起こします。これが胃炎です。
消化液が胃壁を溶かしている状態が胃潰瘍です。


20歳若返る!ダウンエイジング | うつ病を自宅で改善 | 視力回復トレーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です