ピロリ菌と病気の関係

(ピロリ菌と胃炎)
ピロリ菌が、萎縮性胃炎や慢性胃炎の大きな原因であることは、既に証明されています。
今まで萎縮性胃炎は、年齢が原因とされてきましたが、ピロリ菌の感染者のみが萎縮性胃炎とななることがわかり、ピロリ菌を除菌することにより病状は改善することがわかりました。

(ピロリ菌と胃潰瘍、十二指腸潰瘍)
最も注目されているのがピロリ菌と潰瘍との関係です。
少しまでは潰瘍は一旦治っても再発して当然と考えられてきました。
しかしピロリ菌を除菌すると再発する確率が減少することが分かりました。

(ピロリ菌と胃がん)
今まで、胃がんの原因はストレスや生活習慣などによるものと思われていましたが、胃がんの原因の95%はピロリ菌の感染によるものであることがわかりました。
国内では、胃がん患者の約90%がピロリ菌に感染しているとの調査報告もあります。

(ピロリ菌とポリープ)
ピロリ菌を除菌することによって、約70%のポリープが消失した成功例があります。(良性のポリープ)
これによりピロリ菌の除菌がポリープの治療には望ましいといえるでしょう。


手汗治療プログラム | 自宅喘息改善法 | 不登校ひきこもり解決DVD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です