ピロリ菌検査

ピロリ菌の検査方法には
まず内視鏡を使用する検査方法があります。
内視鏡を口から入れ、胃壁の組織を少し切って、その中にピロリ菌がいるかどうかを調べます。
内視鏡を使用しない検査方法には、
便中抗原検査、尿素呼気試験、抗体検査、があります。

①便中抗原検査
ピロリ菌は胃から腸を通過して便中に排泄されるので少量の便を採取し、薬と反応させることでピロリ菌の有無を調べられます。

②尿素呼気試験
検査用の薬を飲み少し横になってから、呼気(吐く息)を検査します。
呼気の中の標識された二酸化炭素の濃度を調べます。
ピロリ菌は尿素から二酸化炭素を作るので、感染しているとその濃度が高くなります。

③抗体検査
ピロリ菌の抗体の有無を血液・尿検査で調べます。
しかし菌が体内から消えた後でも抗体がしばらく残っているため、除菌されていても陽性に出てしまう場合があります。

市販の検査キットがあります。



35歳からの妊娠マニュアル | バストサイズアップ方法 | 夫の浮気・解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です