ピロリ菌とフコイダン

近年、ピロリ菌を除去する効果がフコイダンという成分にあることがわかりました
もともとピロリ菌は、胃の粘膜の硫酸基という部分に吸い付くという性質があります。
フコイダンの中には、硫酸基がたくさん含まれており、ピロリ菌とフコイダンが吸着して、一緒に体外に排泄されます。
フコイダンは、胃の中の保護機能を高める働きがあり、硫酸基には胃を保護する働きがあります。
そこで、最近は、フコイダンが豊富に含まれる海藻類が注目されるようになり、中でも、とくにモズクには、多量のフコイダンが含まれています。
フコイダンとは、多糖類で、わかめや昆布、モズク、などのヌルヌルした成分のことです。
フコイダンが胃の粘膜に貼り付いて、胃の隅々まで覆いかぶさった状態で、胃の粘膜を保護してくれます。
その保護作用によって、胃潰瘍や胃の粘膜の炎症などの症状を修復することができます。


自宅で出来る近視改善 | 不妊解消ヨガ | お金をかけない薄毛対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です