ピロリ菌とグルタミン

たくさんの食物に含まれる一般的なアミノ酸が胃ガンや胃潰瘍の治療と予防に役立つかもしれません。
胃ガンや胃潰瘍につながるピロリ菌の感染によって引き起こされる胃の損傷をアミノ酸のグルタミンが抑えることが、動物の研究で示されました。
現在、ピロリ菌の治療には抗生物質が使用されていますが、抗生物質に対するピロリ菌の抵抗力は増加してくるようです。
グルタミンが胃潰瘍の治療において、抗生物質の代替手段となる可能性を、新しい研究の結果は提供します。
そのグルタミンとは特定の食物の中に自然に存在する非必須アミノ酸です。
魚、卵、乳製品、牛肉、鶏肉、一部の果実や野菜に含まれます。
グルタミンの活性異性体のL-グルタミンは筋肉量を増加させるために栄養補助食品として、ボディビルダーなどによって使用されています。


アキュモード式妊娠術 | 下痢改善プログラム | 自宅で出来るリウマチ回復法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です