イチゴが胃の炎症を防ぐ

胃の炎症や潰瘍を予防・改善するためにイチゴを食べるという美味しい方法が役立つと、新しい研究は示唆しています。
アルコールによって引き起こされた胃粘膜の損傷をイチゴ・エキスの摂取により低減することを、動物の実験で証明したのです。
薬剤や感染症で胃炎をおこした場合イチゴを食べることが役立つかもしれません。
また胃の調子が不安な時は、飲酒の前後か途中でイチゴを食べることがいいかもしれません。
この研究は、イチゴの保護作用を哺乳類の胃で実際に確認しました。
実験室の動物で、事前にイチゴ生エキスを与えることで、胃の粘膜ではアルコールによる損傷の発生が少ないことを証明しました。


1cm以上身長が伸びる方法 | パニック障害改善 | 拒食症・過食症改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です