ピロリ菌の除菌方法

最も代表的な治療法は2種類の抗生物質(アモキシシリン、クラリスロマイシン)と胃酸を抑えるランソプラゾールを1日2回、1週間内服するもので「3剤併用療法」といわれます。
これで約7~8割は除菌できます。



しかし、年々クラリスロマイシンの耐性菌が増加して除菌率が低下し、最近では約3割が除菌に失敗するそうです。
最初の除菌に失敗した場合、同じ3剤を使った除菌治療を再度行っても大きな効果は期待できません。
日本ヘリコバクター学会はクラリスロマイシンの代わりにメトロニダゾールを使う3剤併用療法を2次療法として推奨しています。
これにより除菌の成功率は約9割に達しています。


「痔」体質改善マニュアル | 離婚調停成功マニュアル | 緑内障改善プログラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です