日本人とピロリ菌

先進国の中でも日本人は感染者が多い!
一般的にピロリ菌感染者は発展途上国に多く見られ、欧米先進国では少ないとされています。
でも日本は、先進国の中でも著しく感染者が多く40才以上の70%以上が感染しているという統計が出されています。
感染経路は、まだ確定はされてませんが、川や井戸水、池、ハエ、動物の糞便などを通して、ヒトに摂取されると考えられています。
日本での菌陽性者は、年齢が高くなるにつれて増加し、年齢が低くなるにつれて減少します。
今では20歳以下の菌陽性者はほとんど見られなくなりました。
これについては昭和30年頃から上下水道の整備が全国的に進んだ為だと考えられます。
最近では小児期のピロリ菌感染による疾患は、臨床現場でほとんど見られなくなりました。
東アジアの発展途上国では年齢が 低い層でも感染率が高いと報告されています。


20歳若返る!ダウンエイジング | うつ病を自宅で改善 | 視力回復トレーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です