胃・十二指腸潰瘍とストレス

消化性潰瘍は、ピロリ菌が発見されるまでストレスが原因と考えられてきました。
しかしピロリ菌が原因であるということが明らかになって以来、胃・十二指腸潰瘍の二大原因はストレスとピロリ菌とされるようになりました。
しかし、ピロリ菌保菌者でない潰瘍症例も見られたり、除菌しても潰瘍が再発したりすることから胃・十二指腸潰瘍とストレスの関与について医師らにより検討されました。
その結果、ストレス下でもそうでなくても胃潰瘍発症者にはピロリ菌感染が多いのですが、精神的ストレスによる潰瘍の発生にはピロリ菌の感染が重要な役割を果たしている可能性があることがわかったのです。


手汗治療プログラム | 自宅喘息改善法 | 不登校ひきこもり解決DVD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です