ピロリ菌に感染すると

胃に長くピロリ菌が住み着くと、毒素やアンモニアによって胃の粘膜の表面の細胞が破壊されていきます。
そして萎縮(いしゅく)性胃炎が起こり、粘膜の修復力が弱まると、胃の粘膜の破壊が進み、やがて粘膜に穴があいてしまいます。
これが胃潰瘍です。
また、萎縮性胃炎が原因で粘膜が発がん物質の影響を受けやすくなってしまいます。
空腹時にみぞおちの痛みがあり、貧血症状を伴ったり、吐血や黒い便が出た場合は、胃潰瘍や胃がんなどの可能性があるのでピロリ菌の検査を受けたほうがいいでしょう。
検査には、「内視鏡検査」もしくは一般的な検査として「尿素呼気試験」「便中抗原検査」「抗体検査」の3種類があります。


あがり症改善法DVD | 究極の下半身ダイエット | パワージェイジム2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です