ピロリ菌の影響

よくいわれているのは十二指腸潰瘍と胃潰瘍の原因となるというものですが、そもそも慢性胃炎はその原因のほとんどがピロリ菌と言われています。
それから、ピロリ菌の保菌者は、ほぼ100%慢性胃炎だそうです。
ただ多くの場合その程度が軽く、普通に生活できてしまうので自覚症状があまりないそうです。
一度感染すると持続的に感染し、自然消失例はほとんどなく、胃粘膜を傷つけて胃に炎症を起こします。
この影響で、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、胃がんの原因になることが分かっています。
ピロリ菌に感染していても、全員がかならずこれらの病気になるわけではありません。
でも胃潰瘍の7割、十二指腸潰瘍の9割がピロリ菌感染によって起こります。
また、潰瘍は再発する率が高いですが、除菌によって、再発が抑制されます。


35歳からの妊娠マニュアル | バストサイズアップ方法 | 夫の浮気・解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です