ピロリ菌の除菌方法

最も代表的な治療法は2種類の抗生物質(アモキシシリン、クラリスロマイシン)と胃酸を抑えるランソプラゾールを1日2回、1週間内服するもので「3剤併用療法」といわれます。
これで約7~8割は除菌できます。



しかし、年々クラリスロマイシンの耐性菌が増加して除菌率が低下し、最近では約3割が除菌に失敗するそうです。
最初の除菌に失敗した場合、同じ3剤を使った除菌治療を再度行っても大きな効果は期待できません。
日本ヘリコバクター学会はクラリスロマイシンの代わりにメトロニダゾールを使う3剤併用療法を2次療法として推奨しています。
これにより除菌の成功率は約9割に達しています。


「痔」体質改善マニュアル | 離婚調停成功マニュアル | 緑内障改善プログラム

私の実体験

私の場合、最初は30才くらいの時に歯医者で貰った痛み止めの薬を続けて飲んでいたら胃痛が始まりました。
医者に行き、胃酸を押さえる薬と、胃粘膜を保護する薬を1週間分もらい、飲み終わったら一時的に治りました。
しかし、また3ヵ月くらいすると痛みが始まったのです。
また薬をもらって飲み始めたのですが、薬が効いているのは飲んでいる間だけでした。
食後3時間くらい経つと痛みが始まりました。
医者に行くと最高で4週間分の薬が一度に貰えたので、無くなる度に貰いに行ってました。
医者には内視鏡検査を勧められましたが受けませんでした。f(^_^)
そのうちに市販で胃酸を抑える薬が販売され出したので、医者にも行かなくなりました。
ピロリ菌検査をしたのは48才の時です。
便中抗原検査をしたところ、陽性と判明。
上に書いた2種類の抗生物質と胃酸を抑える薬を1週間飲んだだけで、その後痛みはなくなりました。


輪郭小顔矯正法 | 神経性胃炎改善 | 恐怖症改善プログラム

私の行った病院

内視鏡検査をしたくなかったので、しなくてもピロリ菌検査をしてくれて、薬をもらえる所を探しました。
そしたらあったのです。\(^o^)/
東京近郊に住んでる方にはお勧めです。
まずは「ピロリ検査キット希望」と書いたメモと費用を現金書留で送ります。
銀行振り込みとかはやっていません。
「1人分・5千円」「2人分・7千5百円」「3人分・1万円」(以後、一人分追加=2千500円)です。
直接病院に行っても買えます。
自宅で検査をおこないます。
陽性の場合は判定済みのキットを持参して病院に行ってください。
医師がキットを見て陽性であることを確認後、除菌の薬(ランサップ)を、くれます。
費用は保険外(自由診療)で1万円です。



本郷メデイカルクリニック


あがり症改善 | 糖尿病改善 | 成人病,生活習慣病改善